MANIAC TOOL CLUB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソースとヘッダの切り替えについて

秀丸で、ソースとヘッダを切り替えるマクロです。

カレントディレクトリのヘッダ*.cpp(又は*.c)と*.hを切り替えます。
内容は結構大雑把ですが
割とべんりかと思うので、公開してみました。


//
// ソースファイルとヘッダーファイルを切り替えて表示します
// 編集中のファイルが*.cppか*.cだったら*.hを開きます
// 編集中のファイルが*.hだったら*.cか*.cppを開きます
// 製作 inuo
//


#source = -1; // ".cpp"の場所
#header = -1; // ".h"の場所
$nextfile = $currentfile; // 次に開くファイル
#extension = 0;

call DIRCUT filename,2;
$updir = $$return;

$currentfile= basename; // 今編集中のファイル名
// ソースかな?_________________________________________________________________
#source = strstr( $currentfile, ".cpp" );
if( #source == -1 ){
#source = strstr( $currentfile, ".c" );
if( strstr( rightstr( $currentfile, 2 ), ".c" ) == -1 ){
#source = -1;
}
}

// ヘッダーかな?_______________________________________________________________
if( #source == -1 ){
#header = strstr( $currentfile, ".h" );
}

// ソースだったらヘッダファイルを開きます_______________________________________
if( #source > 1 ){
$currentfile = leftstr( $currentfile, #source );
$nextfile = $currentfile + ".h";
call FILEOPEN $nextfile;
if( ##return == 1 )
{
endmacro;
}
call DIRCUT filename,2;
$nextfile = $$return;
$nextfile = $nextfile + "INC\\";
$nextfile = $nextfile + $currentfile;
$nextfile = $nextfile + ".h";
call FILEOPEN $nextfile;
if( ##return == 1 )
{
endmacro;
}
}

// ヘッダだったらソースファイルを開きます_______________________________________
if( #header > 1 ){
$currentfile = leftstr( $currentfile, #header );
$nextfile = $currentfile + ".c";
call FILEOPEN $nextfile;
if( ##return == 1 )
{
endmacro;
}
$nextfile = $currentfile + ".cpp";
call FILEOPEN $nextfile;
if( ##return == 1 )
{
endmacro;
}
call DIRCUT filename,2;
$nextfile = $$return;
$nextfile = $nextfile + "SRC\\";
$nextfile = $nextfile + $currentfile;
$nextfile = $nextfile + ".cpp";
call FILEOPEN $nextfile;
if( ##return == 1 )
{
endmacro;
}
}

endmacro;

FILEOPEN:
$openfile = $$1;
if( existfile( $openfile ) ){ // なければファイルを開かない
openfile $openfile;
return 1;
}
return 0;

DIRCUT:
#upDir = ##2;
#yen[ 0 ] = 0;
#point = 0;
#index = 0;
$tempPath = $$1;

while( 1 )
{
$tempPath = midstr( $tempPath, #point, 1000 );
#point = strstr( $tempPath, "\\" );
if( #point == -1 )
{
break;
}
#point = #point + 1;
if( #index > 0 ){
#yen[ #index ] = #yen[ #index - 1 ] + #point;
}else
{
#yen[ #index ] = #point;
}
#index = #index + 1;
}
if( #index < #upDir )
{
return $$1;
}


$rcDirect = leftstr( $$1, #yen[ #index - #upDir ] );

return $rcDirect;
スポンサーサイト
  1. 2007/05/31(木) 00:54:06|
  2. 秀丸マクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MFiler

FLSpiderの前身です。
作者はもうほとんど使うことはありませんが、
まだぼちぼちダウンロードされているようなので、
過去のソフトとしておいています。
mfiler.jpg

  1. 2007/05/29(火) 01:43:43|
  2. その他のツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイルを作業ディレクトリにコピーして開くには

ネットワークディレクトリ上の共有excelファイル等を
参照するために、一度ローカルディレクトリに持ってきて
ファイルを開くことがあるのですが、そういうときは

ALT+returnキー

で作業ディレクトリにファイルをコピーして
コピーしたファイルをオープンします。
修正した内容は作業ディレクトリに保存されてしまうため
元のファイルには変更が反映されないため注意してください。
(もともとそれが目的ですが、、)
  1. 2007/05/23(水) 23:57:52|
  2. FAQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディレクトリの作成について

CTRL+Kフォルダーの新規作成
できるのですが、その際にサブディレクトリまで指定しておく
たとえば、
aa\bb\cc\dd
等と指定しておけば、FLSpiderはサブディレクトリまで
作成します。
  1. 2007/05/23(水) 04:24:20|
  2. 操作系
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くる2パッド(タッチパッドでスクロールさせる)

くる2パッドについて

作者は作業用のパソコンにはマウスはつながず、ノートパソコンについているタッチパッドで作業しているのですが、そのときに便利なのがこれです。→くる2パッド
任意のディレクトリに展開して起動してください。
スクロールバーが出ているときに上下にスクロールさせるとき、マウスパッドでくるくるすると、ウィンドウが上下にスクロールします。
いつも使いたいときはショートカットを作って手動でスタートアップに登録してください。

レジストリは使用しないし、ファイルの出力しないので、アンインストールするときは展開したディレクトリごと削除してください。

  1. 2007/05/22(火) 01:12:00|
  2. その他のツール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

画面の配置変更について

Shift+ALT+<又はShift+ALT+>で左右のウィンドウ幅が変更されます。
CTRL+ALT+<又はCTRL+ALT+>で左右の表示ウィンドウを切り替えます。
ALT+↑又はALT+↓でコマンドウィンドウの表示幅が変更できます。
  1. 2007/05/19(土) 02:34:57|
  2. 表示
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秀丸でgrep

以下のスクリプトを
user\hidegrep.mwd
などで保存し、
キー割り当て等で
user\hidegrep.mwd
を定義すると、
秀丸からgrepを実行することができます。


#ここから----------
@秀丸でGrep,600,,-,-
$検索文字列(&T),CMB,SZ256

:10,検索文字列.lst
$ファイル名(&F),CMB,SZ256

:10,検索対象ファイル.lst
$ ,CBX,SZ3
大文字/小文字の区別(&C),c
,C
$ ,CBX,SZ3
単語の検索(&w),w
,W
$ ,CBX,SZ3
正規表現(&r),r
,R
$ ,CBX,SZ3
あいまい検索(&z),z
,Z
$ ,CBX,SZ3
サブフォルダも検索(&u),u
,U
$ ,CBX,SZ3
ファイル名一覧だけ作成(&o),o
,O
$ ,CBX,SZ3
ファイル名をフルパスで出力(&f),f
,F
$ ,BTN
検索開始(&G),
<exec>,<save>
<run>,"c:\program files\hidemaru\Hidemaru.exe",/g<2><3><4><5><6><7><8>,"<1>",<0>
<exec>,<ok>
#ここまで----------


hidegrep.jpg

  1. 2007/05/10(木) 17:32:22|
  2. マクロ(スクリプト)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IEのブックマークを直接表示する方法

コマンドウィンドウで
{userprofile}\Favorites
と実行するか
キーボード割り当てや、ジャンプパスに
{userprofile}\Favorites
を登録しておき、実行すると
IEのお気に入りの一覧のディレクトリに移動するので、
該当するファイルをクリックすると
IEが指定されたURLで表示されます。
  1. 2007/05/09(水) 00:47:26|
  2. FAQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイル名のクリップボードコピーについていろいろ

ほかのアプリケーションなどで、ファイル名を指定して
開いたりする場合、FLSpiderを使用してファイル名を指定すると
便利です。

1.FLSpiderで該当ディレクトリの該当ファイルまでカーソルを移動する。
2.ALT+C(ファイル名(フルパス)をクリップボードにコピー)
3.該当アプリケーションのファイル名の欄でCTRL+Vでファイル名を貼り付ける。

また、複数のファイルが選択されている状態で、ALT+F(選択ファイル名をクリップボードへコピー)を実行すると、選択されているファイル名やそのほかの指定された情報がクリップボードへテキストファイルとして、コピーされます。
namecopy.jpg

  1. 2007/05/08(火) 00:12:21|
  2. FAQ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディレクトリヒストリ機能について

ALT+<ディレクトリ履歴(←))
で、前にいたディレクトリに戻ります。
ALT+>ディレクトリ履歴(→))で
ディレクトリ移動履歴から進みます。
InternetExplorerのALT+←、ALT+→と同じような動作です。
  1. 2007/05/01(火) 02:03:08|
  2. プログラム起動/ディレクトリ移動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

download

download
Android情報処理試験問題集の説明


download
FLSpiderの説明


download
PPSan


download
DualMonの説明


kuru2
くる2パッドの説明


mfiler
MFilerの説明


siki2
TextCalcの説明


ProSup
ProSupの説明


MTaskMan
MTaskManの説明


古い順に読むとわかりやすいかも

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。