MANIAC TOOL CLUB

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パスの設定について

F7キーを押すとパスの設定画面が表示されます。
それぞれの設定内容の意味を説明します。
f7.jpg

作業ディレクトリ
 →FLSpiderが内部的に作成する作業ファイルを保存するディレクトリです。FLSpiderはディレクトリ名の指定に環境変数が指定できます。たとえば、{temp}だと、C:\DOCUME~1\ユーザー名\LOCALS~1\Temp等が設定されたのと同等になります。
作業ディレクトリ自動削除
 →プログラムを終了するときに、作成した作業ファイルを自動的に削除するか指定します。
FTP作業ディレクトリ
 →FLSPiderはFTPサーバー上のファイルもシームレスに操作、編集することができるようになっています。その際に使用するFTPファイルの一時ファイル格納先です。ディレクトリ名の指定が相対パスの場合、インストールされているディレクトリからの相対パスとなります。
FTP作業ディレクトリ自動削除
 →プログラムを終了するときに、作成したFTP作業ファイルを自動的に削除するか指定します。
圧縮ファイル作業ディレクトリ
 →圧縮ファイルの中を参照する場合に使用する一時ファイル格納先です。
圧縮ファイル作業ディレクトリ自動削除
 →プログラムを終了するときに、作成した圧縮ファイル作業ディレクトリを自動的に削除するか指定します。
ディレクトリキャッシュ保存先
 →FLSpiderはレスポンスの遅いネットワークドライブやFTPサーバー上のディレクトリ内用をキャッシュすることで、描画速度を早くするようにすることができます。その際にキャッシュ内容を保存するディレクトリを指定します。
ディレクトリキャッシュ自動削除
 →プログラムを終了するときに、作成したディレクトリキャッシュの内容を自動的に削除するか指定します。
テキストエディタ
 →デフォルトで使用するテキストエディタの種類です。
キャッシュの有効日数
 →ディレクトリキャッシュを自動的に削除するための日数です。この日にち以降の古いキャッシュファイルは自動的に削除されます。
キャッシュするディレクトリ
 →FLSpiderでキャッシュするディレクトリをセミコロン(;)区切りで指定します。たとえば画面の内容だと、FTPサーバと\\myserverとZドライブの内容がキャッシュされるようになります。
コピー/移動のデフォルトを相手ウィンドウのパスにする
 →コピーコマンド(キーボードのC)やムーブコマンド(キーボードのM)を実行したときに最初にコピー先に表示されるコピー先をあいてウィンドウのパスにするかの指定です。
チェックが入っている場合、コピー先は待機ウィンドウのカレントパスになります。
チェックが入っていない場合、コピー先の名前がCopy_元ファイル名になります。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 00:23:22|
  2. 設定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コマンドの実行について | ホーム | ディレクトリの移動について(その2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://flspider.blog93.fc2.com/tb.php/7-d9b747b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

download

download
Android情報処理試験問題集の説明


download
FLSpiderの説明


download
PPSan


download
DualMonの説明


kuru2
くる2パッドの説明


mfiler
MFilerの説明


siki2
TextCalcの説明


ProSup
ProSupの説明


MTaskMan
MTaskManの説明


古い順に読むとわかりやすいかも

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。